アートセラピー横浜

arttherapy.exblog.jp
ブログトップ

新緑の季節

c0237724_12243911.jpg

新緑が爽やかに感じられる季節になりましたね。
近くにある公園の脇にある歩道は、私の大好きな場所でした。

公園からは、鳥のさえずりに加えて、夏にはものすごくにぎやかな蝉の声、
秋には鈴虫が一斉に鳴きはじめます。
公園内の大木の多くは桜の木なのですが、花が咲いて、葉桜になって
秋には紅葉が一斉に散っていきます。

この歩道を通る度、季節の移り変わりを感じられるのがとても好きでした。

そして好きな理由のふたつめは、公園内に植えられている桜などさまざまな大木の
枝や葉が、歩道の上をアーケードのように豊かに茂っていることでした。

今の時期は木漏れ日の中を歩くのが清々しく、また、暑い夏には日よけに
雨の日は雨よけにもなってくれていました。

ところが、先日、突然に、その大木の枝葉がバッサリと切りとられてしまっていたのです。
剪定は例年行われていたのですが、あくまでも茂りすぎた枝葉などに限られ
切った後は見通しがよくなり、気持ちよく感じていたほど。
今回は見事に、歩道と公園を見えない壁の境界線で仕切ったかのように
豊かな枝葉のアーケードは完全に姿を消してしまいました。

一日ですっかり変わってしまった歩道には、落ち葉が綺麗に掃除されたせいか
道幅がかなり広くなり、頭の上からの鳥のさえずりも、風でゆれる枝葉の音も
すっかり聞こえなくなってしまいました。一方で、直射日光で乾いたアスファルトからの
照り返しや、今まで気にならなかった車道の光景や騒音に自然と目が行くようになり
個人的にはとても残念な気分です。。

落ち葉や鳥のフンなど歩道を歩く人からの苦情などがあったのかもしれませんね。

良い、悪いで単純に片付けられないことは多いものです。

木々の成長の力強さを信じて、また木漏れ日の中を近い将来
歩けるようになりたいな、と秘かに願うこの頃でした。






[PR]
by art-yokohama | 2014-05-26 00:00 | ブログ